スキンケア対策


非常にデリケートな肌のバリア機能が低下する原因は日常生活に潜んでいます。スキンケアで肌のバリア機能を正常に保ちながらニキビを予防するにはどうしたらいいのでしょう。

洗顔時の注意点があります。肌を清潔に保つことは大切です。しかし強く洗いすぎたりピーリングをし過ぎたりすることは逆効果です。肌のバリア機能に必要な角質が剥がれて、肌が生まれ変わるターンオーバーが正常にできなくなるからです。熱すぎるお湯の使用も避けてください。肌の保湿成分を奪って乾燥を招いてバリア機能の低下につながります。

バリア機能肌の水分量を維持するためには保湿が重要です。洗顔後は時間と共に乾燥していくので、早めに保湿をしましょう。肌のバリア機能は油と水分のバランスが崩れておこるため乾燥もニキビの原因になります。油っぽさが肌に残らないスキンケア製品で、肌の内側の水分が保たれている状態を維持しましょう。

紫外線も肌のバリア機能を低下させます。紫外線を浴びると肌は内部への侵入を防ごうとして表面の角質が厚くなり、内部はバリア機能が低下して乾燥が進みます。紫外線はニキビの炎症も悪化させます。日傘などで季節に関係なく紫外線対策をしましょう。

バリア機能を正常に保つためには睡眠や食生活、ストレスをためないといった規則正しい生活も大切です。適切なスキンケアと無理のない生活習慣で肌のバリア機能を正常に保ってニキビ予防に役立てましょう。

ニキビができる原因


肌のバリア機能大人になってもできてしまうニキビ。特に顔にできたニキビは人の目に触れるため、気に病む人も多いです。ニキビはなぜできてしまうのでしょう。

大人のニキビも思春期にできるニキビも、原因はアクネ菌の増殖です。アクネ菌はほとんどの人の皮膚や毛穴にいます。肌のバリア機能が正常な状態の時にはアクネ菌は肌に悪影響を与えません。しかし、肌のバリア機能が乱れてしまうと角層が厚くなって毛穴がつまります。アクネ菌は毛穴の奥や汗腺に逃げ込みます。激しい殺菌をしようとすると美肌菌などの良い菌も殺菌されてしまうため、完璧な殺菌は難しく生き残った菌が違う場所で増殖し、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすのです。

アクネ菌は毛穴の奥や汗腺などに逃げ込むので生き残った菌が結局、また違う場所で繁殖を繰り返していくのです。

このようにニキビと肌のバリア機能には深い関係があります。肌のバリア機能とは、外部刺激から肌を守ったり、肌の水分の蒸発を防いだりするために、肌が本来もっている機能です。肌の表面にある0.02㎜の角層にうるおいを蓄え、乾燥や紫外線、ホルモンバランスの乱れやアクネ菌などから肌を守る働きをしています。しかし、肌の水分と油分のバランスが崩れるとバリア機能は低下してしまいます。その結果、通常より肌が乾燥したり外部刺激に敏感になってしまったりして、アクネ菌を抑える力も減少してニキビや肌荒れの原因につながってしまいます。

ニキビには皮脂だけでなく水分不足も原因のひとつになります。ニキビ予防のためには水分と油分のバランスが崩れないように、肌のバリア機能を正常に保ってアクネ菌を抑えることが大切です。

スキンケアとニキビ


大人ニキビや思春期ニキビという言葉もあるくらい、多くの人にとって身近なニキビ。繰り返しできるニキビに悩み、悪化しないように触らないように神経を使う人も少なくありません。ニキビ対策にはどんなスキンケアが有効なのでしょう。

原因以前はアクネ菌はニキビの直接的な原因であると言われていましたが、今はアクネ菌はニキビを悪化させる要因ではあるが直接的な原因ではないと考えられています。そのため、通常は肌に悪影響を与えることはありません。肌のバリア機能が正常に働いているときは、アクネ菌は抑制されています。抑制されたアクネ菌は有害な菌が肌に定着することを防ぐなど、肌にとっていい働きをするとも考えられているのです。肌に悪影響を与えるのは肌のバリア機能が崩れた場合です

ニキビが気になっても保湿は大切です。バリア機能の低下は油分と水分のバランスが崩れたことによっておこります。そのため肌の水分不足や乾燥もニキビの原因のひとつになるので、洗顔後はすぐに保湿して肌の水分量を保ちましょう。洗顔の際にもバリア機能を低下させる危険性があります。洗う時や拭く時に強くこすったりすると、バリア機能の低下につながります。紫外線対策も怠ると肌のバリア機能は低下します。肌は非常にデリケートなので優しく日々のスキンケアを行いましょう

ニキビの予防に肌のバリア機能を正常に保つことは欠かせません。このサイトではニキビができる原因や、肌のバリア機能を正常に保ってニキビを予防するスキンケアまで説明します。