スキンケアとニキビ


大人ニキビや思春期ニキビという言葉もあるくらい、多くの人にとって身近なニキビ。繰り返しできるニキビに悩み、悪化しないように触らないように神経を使う人も少なくありません。ニキビ対策にはどんなスキンケアが有効なのでしょう。

原因以前はアクネ菌はニキビの直接的な原因であると言われていましたが、今はアクネ菌はニキビを悪化させる要因ではあるが直接的な原因ではないと考えられています。そのため、通常は肌に悪影響を与えることはありません。肌のバリア機能が正常に働いているときは、アクネ菌は抑制されています。抑制されたアクネ菌は有害な菌が肌に定着することを防ぐなど、肌にとっていい働きをするとも考えられているのです。肌に悪影響を与えるのは肌のバリア機能が崩れた場合です

ニキビが気になっても保湿は大切です。バリア機能の低下は油分と水分のバランスが崩れたことによっておこります。そのため肌の水分不足や乾燥もニキビの原因のひとつになるので、洗顔後はすぐに保湿して肌の水分量を保ちましょう。洗顔の際にもバリア機能を低下させる危険性があります。洗う時や拭く時に強くこすったりすると、バリア機能の低下につながります。紫外線対策も怠ると肌のバリア機能は低下します。肌は非常にデリケートなので優しく日々のスキンケアを行いましょう

ニキビの予防に肌のバリア機能を正常に保つことは欠かせません。このサイトではニキビができる原因や、肌のバリア機能を正常に保ってニキビを予防するスキンケアまで説明します。