スキンケア対策


非常にデリケートな肌のバリア機能が低下する原因は日常生活に潜んでいます。スキンケアで肌のバリア機能を正常に保ちながらニキビを予防するにはどうしたらいいのでしょう。

洗顔時の注意点があります。肌を清潔に保つことは大切です。しかし強く洗いすぎたりピーリングをし過ぎたりすることは逆効果です。肌のバリア機能に必要な角質が剥がれて、肌が生まれ変わるターンオーバーが正常にできなくなるからです。熱すぎるお湯の使用も避けてください。肌の保湿成分を奪って乾燥を招いてバリア機能の低下につながります。

バリア機能肌の水分量を維持するためには保湿が重要です。洗顔後は時間と共に乾燥していくので、早めに保湿をしましょう。肌のバリア機能は油と水分のバランスが崩れておこるため乾燥もニキビの原因になります。油っぽさが肌に残らないスキンケア製品で、肌の内側の水分が保たれている状態を維持しましょう。

紫外線も肌のバリア機能を低下させます。紫外線を浴びると肌は内部への侵入を防ごうとして表面の角質が厚くなり、内部はバリア機能が低下して乾燥が進みます。紫外線はニキビの炎症も悪化させます。日傘などで季節に関係なく紫外線対策をしましょう。

バリア機能を正常に保つためには睡眠や食生活、ストレスをためないといった規則正しい生活も大切です。適切なスキンケアと無理のない生活習慣で肌のバリア機能を正常に保ってニキビ予防に役立てましょう。